第三者評価

情報開示の第三者評価

当社では、CSR/サステナビリティの情報開示状況(ウェブサイトおよびレポート)を現状分析・レビューする、専門家による独立性・客観性のある第三者評価を行っています。独自調査に基づくデータ・経験を活かし、情報開示における課題発見と解決策提案をセットでレポーティングするサービスです。

評価対象は「コーポレートサイトのCSRコンテンツ」および「CSR関連報告書(サステナビリティ・レポート、統合レポート、環境・社会報告書、など非財務情報が掲載されている報告書)」です。情報開示の過不足確認、課題の抽出、改善案の提示、国際的ガイドラインとの整合性確認、などを通じて現状分析を行いレポーティングします。情報の受け手となるステークホルダーにわかりやすく伝え、より評価を獲得するための方法論をセカンドオピニオンとしてお伝えします。

実施団体:一般社団法人CSRコミュニケーション協会

おすすめの企業

以下のような課題を感じている企業におすすめのサービスです。

・そもそも報告書やウェブサイトの課題を認識できていない
・一段上の外部評価を獲得できる方法を知りたい
・評価の高い他社と比べて何が違うのかを知りたい
・ウェブおよび報告書のリニューアルを考えていて専門家の意見が欲しい
・第三者評価を受けたいが低予算なサービスがない
・国内大手企業の中での情報開示レベルと順位が知りたい

本サービスの3つの特徴

1、実務的でハイレベルな評価
箔付けとしての第三者意見ではなく、現場のプロフェッショナルが、客観的なステークホルダー視点を用いた実務的な分析とアドバイスを提供します。CSR経営に関する書籍を出版していてCSR情報開示に関する知識が国内トップレベルの担当者が評価を行います。

2、相対評価によるポジションの把握
独自調査および分析による最新データ等を使い、独自性の高い相対的かつ客観性のあるCSRコンテンツ評価ができます。日本ではごく少数しかいない、CSRウェブコンテンツとCSR経営の両方の専門家だからこそ発見できる課題もあります。

3、優れたコストパフォーマンス
必要最低限の情報を確実に分析し改善策を対面での提案まで行う、成果物に対してコストパフォーマンスに優れたサービスであると自負しています。予算をかけずに課題発見までの現状分析を行うことができます。

実施プランA

プランA:CSRウェブコンテンツ特化型
「CSRコンテンツ充実度調査(※)」の評価フレームワークによる評価を行います。調査項目は「5カテゴリ、20評価項目、250項目以上の評価要素」です。「ステークホルダー・ファースト(利害関係者第一主義)」の視点で分析をし、客観的な専門家の第三者視点で評価します。CSRウェブコンテンツのリニューアルをご検討の企業様にオススメなプランです。

※「CSRコンテンツ充実度調査」とは、毎年実施している大手企業のCSRウェブコンテンツ調査および格付けです。2016年から毎年実施し評価および格付けをおこなっています。

実施プランB

プランB:CSRコンテンツの総合評価
CSRウェブコンテンツだけではなく非財務情報が掲載されているCSRコンテンツの総合的な現状分析を行います。情報開示の過不足確認、トレンドの反映、戦略の開示レベル、国際的ガイドラインとの整合性確認、などを調査分析し、課題の抽出と改善案の提示を行います。外部評価向上およびステークホルダー・エンゲージメント推進などのヒントになるでしょう。本プランでは、ダイジェスト版のレポートも評価が行えます。

CSR情報開示の総合評価は、CSRのガイドライン開示要件および各種評価機関の評価項目を網羅した40以上のマテリアルな評価項目(基本事項、戦略要素、内容要素、カテゴリー要素など)を中心に評価・分析します。可読性などの体裁となる基本事項から、価値創造プロセス、リスクと機会、バウンダリ、マテリアリティ、などの戦略要素まで網羅的に確認して現状分析を行い課題を抽出します。

実施例

大手上場企業を中心に、大手食品、大手建設、大手精密機器、大手運送、大手エンターテイメント系企業、大手ヘルスケア、ほか多数の実施実績があります。また、調査実務において遅延・トラブルは過去一度も発生しておらず、進行に関しての品質とスピードにも自信があります。

■評価担当者
安藤光展/CSRコンサルタント

1981年長野県生まれ。一般社団法人 CSRコミュニケーション協会・代表理事。専門はCSR/サステナビリティ経営、ステークホルダー・エンゲージメントなど。著書は『創発型責任経営-「新しいつながり」の経営モデル』(日本経済新聞出版社)、『CSRデジタルコミュニケーション入門』(インプレスR&D)、『この数字で世界経済のことが10倍わかる』(技術評論社)など。2009年よりブログ「CSRのその先へ」運営。サステナビリティ評価研究会・主宰。

「CSRコミュニケーション」と「CSR/サステナビリティ経営」の両分野で書籍を出版しており、情報開示の第三者評価に必要な知識や経験があります。また、全上場企業のCSRウェブサイトの定点調査をしており、国内トップクラスの情報量と知見があります。

費用/納品

■費用
25万円(税別、プランA・プランBともに)
※首都圏以外の企業の場合、別途交通費等が必要になります。(対面での解説のため)

■納品物
分析レポート、情報開示総合評価シート、最新版CSRコンテンツ動向調査レポート、など

■実施期間
お申し込みから「約2ヶ月」

お問合せ

本件に関する、お申込み・ご質問は【お問合せフォーム】よりお願い致します。首都圏の場合は、ご訪問して詳しく解説をすることも可能です。ご検討よろしくお願いいたします。

※情報開示ではなく「経営レベルおよび活動実務の進捗」を評価する第三者評価も行なっています。「お問合せフォーム」よりお問合せください。