|カテゴリ:CSR報告書/統合報告書 , フレームワーク

CSR報告書の作成/制作のフレームワーク「5W1H+A」

報告書作成のフレームワーク 「どういうCSR報告書を作ればよいでしょうか」。こんな質問をセミナー・講演の質疑応答で受けることがあります。 前提がわからないので質問に答えにくい時がありますが、そういう時は「目的と読者」の2 … 続きを読む CSR報告書の作成/制作のフレームワーク「5W1H+A」

|カテゴリ:CSRセミナー

セミナー「第3回 東洋経済CSR報告書勉強会」(11/09)

東洋経済CSRセミナー2017 11月にセミナーの講師をすることになりましたのでお知らせします。 一昨年・昨年に続き、東洋経済新報社様のCSRセミナーに講師として参加させていただくことになりました。今年の勉強会テーマは「 … 続きを読む セミナー「第3回 東洋経済CSR報告書勉強会」(11/09)

|カテゴリ:CSR経営 , 推進戦略構築

新任CSR担当者はカモにされず予算管理できるのか

新任CSR担当者の壁 なんか“カモ”にされているCSR担当者が多いんじゃないかな、感じることが連続であったのでメモしておきます。 CSR担当者といってもいわゆる“サラリーマン”ですので異動も多いです。私の印象では、特に2 … 続きを読む 新任CSR担当者はカモにされず予算管理できるのか

|カテゴリ:CSRコミュニケーション , CSR報告書/統合報告書

専門家の評価が高いCSR報告書は“良い報告書”なのか

誰のためのものか CSR報告書に限らず、企業が発行するレポートや報告書は想定読者がいて、その人たちに向けた情報発信となります。 IR系の開示書類は文字通りで投資家向け、会社案内はほぼ初めて接点をもったステークホルダー(求 … 続きを読む 専門家の評価が高いCSR報告書は“良い報告書”なのか

|カテゴリ:CSRコミュニケーション , CSR報告書/統合報告書

日本のCSR報告書が“ハイコンテクストの壁”を超えられない理由

CSR報告書の文化的背景 先日『コミュニケーションの要諦は「察してくれ」に甘えないことなんだけど。』という記事を読んで感じたことをまとめます。 記事では、『「だろうコミュニケーション」から「かも知れないコミュニケーション … 続きを読む 日本のCSR報告書が“ハイコンテクストの壁”を超えられない理由