CSR/CSVコンサルティング概要

コンサルティング概要

コンサルティングでは主に「CSRコミュニケーション」、「CSR企業評価」、「CSR経営支援」の3つの領域で、企業価値向上と社会的インパクトの最大化につながるCSR活動を支援しています。

■CSRマネジメント
CSR推進の初期支援として「CSR/CSV体制構築」、「CSR進捗度調査/現状分析」、「ロードマップ(中期CSR推進計画)」、「年間行動計画」、「CSR方針」、「ToDoリスト作成と優先順位付け」、「セルフチェックリスト」、「グループ子会社へのCSR浸透」、「CSRの効果測定ツール作成」などの策定をサポートします。

■CSR戦略アドバイザリー
「CSRガイドライン対応」、「マテリアリティ策定」、「バウンダリー精査」、「CSRコミュニケーション体制構築」、「CSR施策のマーケティングへの反映」、「CSR視点の事業・商品開発」などをサポートをします。

■ステークホルダーエンゲージメント
初期フェーズでは「ステークホルダー特定」、「CSR/CSV全般の研修・ワークショップ」など、エンゲージメント活動としては「NPO連携の企画・実施」、「戦略的フィランソロピー施策立案」などのサポートをします。またデジタルコミュニケーション支援として、CSR・社会貢献における「メディア運営支援」や、「CSRウェブコンテンツ制作支援」などのサポートをします。

コンサルティングの3つの強み

1、書籍を複数出版している
日本で、書籍出版(単著、専門書)を複数している“現場”のCSRコンサルタントは10人もいません。それだけ情報を持っており、実績があり影響力が行使できるポジションにいるコンサルタントである自信があります。また、日本トップレベルの国内CSR事例数を把握しておりトレンドに詳しく、CSR課題を類型的に判断し適切で再現性のある解決方法を提案することができます。

2、フットワークが軽い
アドバイザリー業務以外は、基本的にパートナー企業様と一緒にCSRコンサルティングをさせていただく例が多く、お客様の課題に合わせて、それぞれの分野に強みのある形でサービスを提供できます。また、数万〜数十万円規模の小規模案件(アドバイザリー業務)にも積極的に対応させていただいています。

3、コストパフォーマンスが良い
スモールビジネスでビジネス展開をしているため、余計なコストはかからず、同業他社のCSRコンサルティングとほぼ同等のサービスを半分近くの価格で提供できます。また、最終的に“自走する仕組み作り”を目指しており、長期的にはコンサルタントを利用しなくてもPDCAのすべてのフェーズを内製でまわせるシムテム構築をし、トータルコストの削減にもコミットメントいたします。

取引実績

上場企業・中小企業など企業規模に関わらず直接取引あり。コンサルティングは、CSR報告書(統合報告書)制作に付随する実務支援、独自フレームワークによるCSR活動評価と解決策提案(チェックリスト、アクションプラン策定)が多い。また、中長期のコンサルティング・プログラムはパートナー企業との実施も多数あり。
※実績はウェブ上で掲載していません。お問い合わせください。

お問合せ

お気軽に『お問合せ』より、ご相談下さい。実績等は個別にお伝えしております。