エネルギー調達支援を行う「サーキュラー・エネルギー・ラボ」始めます

サーキュラー・エネルギー・ラボ

サーキュラー・エネルギー・ラボ

2019年は、若き環境活動家グレタ・トゥンベリさんをはじめとして、様々な環境関連の話題が多かった年でした。2020年はそれを受けて、企業さらに環境活動のプレッシャーが大きくなることでしょう。

そこで、私が代表を務める一般社団法人CSRコミュニケーション協会の理事である、RAUL・江田社長の協力のもと、「サーキュラー・エネルギー・ラボ」(略称:SEL)というプロジェクトを立ち上げました。

勉強会やエネルギー調達コンサルティングを通じ、コスト削減をしながら環境インパクトのあるエネルギー調達の支援を行なっていきます。

業務内容

プロジェクトの内容としましては「コスト削減 × 環境インパクト × CSR評価向上」をテーマに、エネルギー調達関連をメインに展開します。主に中堅上場企業への展開となると思います。大手企業向けには、エネルギー調達実務というよりは「RE100」「SBT」「CDP」などへの対応支援がメインになります。

やはりポイントは昨今の情勢もあって「環境活動コストの削減」は、大きなテーマと認識しています。コスト削減と環境・CSR活動が両立できるのであれば、もっと取り組める企業も多いはずなので。

国内のCSR評価でも、再エネ利用に関する評価項目も増えています。従来のCSR評価対応を含めて、エネルギー調達へ対応することで、多くの施策を絡めての対応となります。

私では対応できなかった、環境系イニシアティブへの参加や環境インパクトの最大化のサポートができるようになりましたので、私自身としても、より広範囲なサステナビリティ推進ができると期待しています。

2020年4月以降に「ミニ勉強会」(限定数社、無料)を実施予定です。

今後は、色々な場面で少しずつ展開していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


【PR】担当者勉強会:第10回CSRセミナー:テーマ「SDGsウォッシュ」(7/15)

成果にこだわる情報開示は、私にご相談ください。


CSR/SDGs経営およびサステナビリティ情報開示を専門とし、企業価値向上にこだわり経営戦略に踏み込んだコンサルティング型の支援を行なっています。また、CSR推進支援会社様の業務パートナーとしてのご相談も引き続きお待ちしています。

プロフィール/事業概要
研修/講演依頼
お問い合わせ