[募集]第12回東洋経済CSRセミナー「日本橋CSR研究会 研究発表」(1/30)

東洋経済CSRセミナー

2014年1月に発足した日本橋CSR研究会では、これまで多くの分析・議論を行ってきました。2018年からは3チームに分かれ、大きなテーマを研究していくようになりました。今回のセミナーでは日本橋CSR研究会が2018年に行ってきた調査研究について、それぞれのチーム代表が発表します。いずれのテーマも何らかの形でCSRにかかわるメンバーが自ら興味のある内容を取り上げています。多くのCSR担当者にとっても貴重な情報となるはずです。今回は東洋経済サステナビリティフォーラムの会員(2018年東洋経済CSR調査回答企業)は無料です。

また、本セミナーはCSR担当者以外の方でもご参加いただけます。CSR/ESG企業評価、CSR活動における企業評価向上および企業価値向上、などに興味がある方にオススメのセミナーです。

情報開示:CSRコミュニケーション協会は告知協力として本セミナーに携わっています

セミナー概要

テーマ:日本橋CSR研究会1年間の研究発表
日時:2019年1月30日 14:00~17:00(受付開始13:30)
会場:社団法人経済倶楽部ホール(東洋経済ビル9階)
(最寄駅:地下鉄半蔵門線「三越前駅」B3出口から徒歩0分など)
地図:https://corp.toyokeizai.net/who-we-are/outline/#access
定員:80名
主催:東洋経済新報社CSRプロジェクトチーム
協力:日本橋CSR研究会、一般社団法人CSRコミュニケーション協会
費用:東洋経済サステナビリティフォーラム会員「無料」、非会員「2,000円」 
申込:https://toyokeizai-csr-seminar190130.peatix.com

プログラム概要

発表1

テーマ「国内外100の調査を徹底分析!企業がCSR評価に向き合うためのポイントとは」
1、国内外の評価機関を洗い出し
2、CSR調査の全体的な特徴は?
3、企業に及ぼすCSR調査の影響度合い
4、調査から得られた知見と提言

発表2

テーマ「非営利組織と企業の付き合い方」
1、企業と非営利組織が互いに期待するものとは
2、事例から見えてくる企業と非営利組織の連携類型
3、最終報告に向けた今後の方向性

発表3

テーマ「東洋経済CSR調査・評価を使った社会課題の捉え方」
1、企業の取り組み状況から優先順位を考える
2、選択式設問からわかる社会課題
3、他社動向と自社の比較で見えてくる課題
4、調査項目の変化から社会動向を知る
5、ランキング上位企業の情報から多くの発見が

お申し込み・詳細

お申し込み・詳細は「https://toyokeizai-csr-seminar190130.peatix.com」(外部ページ)にてご確認ください。なお、昨年のセミナーは満席での開催になりましたので、ご興味がある方はお早めにお申し込みください。


csr

このエントリーをはてなブックマークに追加