[お知らせ]専門誌「月刊総務」にて連載が始まりました

雑誌での連載がはじまりました

総務情報の専門誌「月刊総務」で連載が始まりました。隔月で寄稿していきます。

この5月8日に「月刊総務6月号」が発売になります。2016年にインタビューを受けてその記事が掲載されたのですが、それがきっかけでお声がけをいただきました。(実は4月号からがスタートですが本格的なコラムは6月号から)私の担当が偶数月号(4、6、8月号…)となります。今までも「CSR」というカテゴリのコラムはあったらしいのですが、より現場感のあるコラムをということで、今季は私が担当させていただく形になりました。

いままで、コンビニに並ぶような一般週刊誌からビジネス・経済系の雑誌など色んな雑誌にコメントや寄稿を出していましたが、雑誌の連載というのは実は初めてでして、色々ネタを考えながらやらせてもらっています。

基本的には時事ネタといいますか、CSRのトレンドをうまく紹介してく予定です。総務関係の方に、うまくCSRネタを伝えられれば幸いです。CSR担当者には物足りないかもしれませんが、総務部門系のCSR担当者の方には面白い雑誌だと思います。

会社によっては、総務部門はCSRの現場の多くを司ることになるので、総務関係の方にCSRと実務がどれだけつながっているものなのか伝えられればいいなと。

もしすでに購読している方は、ご意見・ご感想をいただけるとありがたいです。連載ですので、どこかでいただいた課題や内容を解説するコラムにするかもしれません。

月刊総務


筆者プロフィール安藤光展/CSRコンサルタント
1981年長野県生まれ。CSR/SDGs経営の専門家。著書は『創発型責任経営-新しいつながりの経営モデル』(日本経済新聞出版社、共著)ほか多数。日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」主宰。

戦略的なCSR情報開示をお求めなら、私にご相談ください。


CSR/サステナビリティ情報開示を専門分野とし、経営戦略まで踏み込んだコンサル型の開示支援を行なっています。成果にこだわる情報開示をお望みの方、良いCSR報告書・CSRウェブサイトの制作会社がいないとお困りの方は、是非ご相談ください。

安藤光展のプロフィール
CSR情報開示の「第三者評価プログラム」

CSR/サステナビリティに関する勉強会・研究会を主催しています。これからCSR推進活動をする初級担当者、他社担当者と情報交換したい方、組織のCSR評価を一段階上げたい方、などにおすすめです。

日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」
企業評価および情報開示を学ぶ会員制勉強会「サステナビリティ評価研究会」