|カテゴリ:CSR本/書籍 , 調査統計/企業評価

国内最大級のCSRデータ集! 東洋経済新報社「CSR企業総覧2017」(2016)

CSR企業総覧

CSR企業総覧

本日「CSR企業総覧 2017年版」(東洋経済新報社)が発売になりました。書評というかお知らせです。

今年から「雇用人材編」と「ESG編」の2冊になります。2016年版までは、何センチあるんだよっていうくらい分厚い1つの冊子でしたので、管理は楽といえば楽になったかもしれません。

で、なんで本の宣伝をしているかというと、ステマではなく本人だからです!まだ実物を見ていませんが、今回から「巻頭特集」がつくということで、なんとその企画に参加させていただいたのです!

巻頭特集はいくつかあるのですが、僕が参加したのは「ESG投資に関する覆面座談会」(ESG編)です。参加者が完全匿名の座談会でESG投資に対して色々と議論をした内容が記事化されての掲載になるようです。東洋経済側の方と僕は匿名ではありません。私は顔出しで載っているはずです(本が手元にないのでわからん…)

あのCSR企業総覧の巻頭特集で座談会の司会(モデレーター)を担当するという貴重な役割をいただき光栄の極みでございます。どなた購入した方は、ご意見・ご感想をください!

ちなみに購入者は大学やシンクタンク、調査機関なんかが多いということでした。もちろん、僕のようにCSRを支援する側の人たちは絶対に“買い”です。合計4万円ちょっとなら、1年で元取れるでしょ。

僕は電子書籍購入を検討中。訪問前にスマホのビュワーでチェックできるとかマジ便利。まずは実物の紙版を見てから決めます。最近は新規でお問い合わせをいただく企業の方で、CSR企業評価の回答企業が増えているので、企業分析にもなります。

あと最近はNPOの方が企業研究のために購入される、という話も聞いたことがあります。ウェブでは開示されていない情報まで掲載されているので、企業のCSR活動をチェックするにはたしかに便利ですね。

1冊約2万円とかなり高価な書籍であるのは間違いありませんが、逆に国内最大級のCSR企業データがこの価格で買えるというのは破格ともいえます。

CSR担当者は競合や業界の企業調査資料として、CSR支援側の人間はクライアント候補の事前調査として、他にも企業の様々な側面を知りたいという方、なんかにオススメかと思います。

追記:11月25日
巻頭特集を見ましたが、思ったより僕の顔がドーンと出ていたのでびっくりしました…。内容はかなりおもしろいですけど、僕自身は司会進行だったので、たいしたことはしゃべっていません。

CSR企業総覧 2017年版

CSR企業総覧2017(雇用・人材活用編)
CSR企業総覧2017(ESG編)