企業の将来性と中長期ビジョンが明確な「CSR高成長ランキング」(2015)

CSRランキング

CSR高成長ランキング

先日、『最新版!「CSR高成長」ランキング厳選15社 1位パナホームなど将来期待の企業がズラリ』という記事があったのでシェアします。

僕は、CSR活動は中長期的な経営戦略であり、将来の企業価値向上につながるものだと考えています。

そこでの指標は何かというと、この「成長率」だと思うのです。去年より今年、今年よりも来年、と企業体質を整えていくのがCSRで、その指標が成長性なのです。CSRは栄養素でいうとビタミンみたいなものなのかもしれません(?)。

というわけで、さっそく見ていきましょう。

CSR高成長ランキング

1、パナホーム
2、小野薬品工業
3、日本ユニシス
4、栗田工業
5、丸井グループ
6、味の素
7、アシックス
8、IHI
9、ニチコン
10、王子ホールディングス
11、ANAホールディングス
12、中外製薬
13、伊藤忠商事
14、積水ハウス
15、クボタ
最新版!「CSR高成長」ランキング厳選15社 1位パナホームなど将来期待の企業がズラリ

記事では、執筆者のコメントもあるのでぜひ見ていただきたいですが、高成長というわりには、すでに各種CSRランキング等で名前を見る企業もチラホラと。

すでに高い評価を受けていて、更に成長しているということは、今後に期待が出来る企業といえるかもしれません。味の素、ANA、伊藤忠商事、積水ハウス、クボタ、は個人的に注目してます。

あと、記事にもあるのですが、民間のCSRランキングは“超大手”の“全方位CSR”が評価されがちです。それはそれでいいのですが、大手・中堅企業にもCSRも財務体質も良い企業がたくさんあります。こういった切り口のランキングによってピックアップされるのは喜ばしいことです。

また、以下に、その他のCSR関連ランキングの記事をまとめました。興味がある方はぜひどうぞ。

東洋経済のCSR関連調査記事(2015)

CSR総合ランキング:トップ700社
CSR企業ランキング:業種別
CSR企業ランキング:金融/未上場版
女性が働きやすい:トップ300社
内部通報が多い:トップ100社

まとめ

僕は、CSRは、企業の未来(将来)を描き、成長に貢献する経営戦略だと思っています。

もちろん、CSRのみではなく企業のビジネスモデルである商品・サービスのクオリティなども含めてが重要。長期的(持続可能)な経営計画を作る時には、CSRの概念を取り入れ、持続可能な成長を描いて欲しいですね。

最近は、中長期経営計画にCSR的な要素が入ることも増えてきている印象があります。長期投資重視の投資家などにアピールしたい項目ですし、いいことです。未来志向や将来性評価も、こういった成長率や成長性から予想する、なんて時代が来るのかもしれませんね。

持続可能な企業の発展は、持続可能な社会の発展にも貢献します。今回の15社には今後も注目です。

関連記事
消費者視点の評価基準となるランキング、日経BP社「環境ブランド調査」(2015)
消費者による企業評判評価ランキング「Global RepTrak 100」(2015)
CSRで企業ブランドは強化できるのか-ブランドランキングから見る価値形成プロセス


執筆者安藤光展/CSRコンサルタント
CSR/SDGs経営の専門家。著書は『創発型責任経営-新しいつながりの経営モデル』(日本経済新聞出版社)ほか多数。日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」主宰。1981年長野県生まれ。

戦略的なCSR情報開示をお求めなら、私にご相談ください。


CSR/サステナビリティ情報開示を専門分野とし、経営戦略にまで踏み込んだコンサル型の情報開示支援を行なっています。成果にこだわる情報開示をお望みの方、情報開示のコストの削減/効率化を目指す方、是非「お問い合わせフォーム」よりご相談ください。

安藤光展のプロフィール
情報開示の第三者評価
研修/講演依頼

CSR/サステナビリティに関する勉強会・研究会を主催しています。これからCSR推進活動をする初級担当者、他社担当者と情報交換したい方、組織のCSR評価を一段階上げたい方、などにおすすめです。

日本最大級のCSR担当者コミュニティ「サスネット」
企業評価および情報開示を学ぶ会員制勉強会「サステナビリティ評価研究会」